鷹屋本店について

Netscape6.2であちこちをまわっていると、表示が乱れたりスクリプトが動作しないページがかなりあり、どういうことかと調べるうちにJavaScriptのバージョンやブラウザによるHTMLCSSの解釈の違いやブラウザのバグなどを知りました。

そしてほとんどのサイトが推奨環境にIEのみをあげてその他のブラウザを切り捨てており、Netscapeへの対応を主に相談してもにべもない返事が返ってくるか無視という対応でした。

そうしていとも簡単に切り捨てられる少数派ブラウザユーザーの悲哀を味わったため、いつか自分がWebサイトを作るときは少数派のブラウザを切り捨てないと決意したのです。

しかし実際にサイトを構築するとなるとどの規格を、バージョンを選ぶのか、各ブラウザごとのCSS実装の違いをどう吸収するのかといったことが山積しています。さらに私にはデザイン能力や技術力が欠けています。

そこでできる範囲で高い汎用性を実現するためにHTML4.01 Strictを採用し、思い切ってデザインを切り捨てることにしました。

[追記2008-03-12] が、しかし。2008-03-01にNetscapeブラウザのサポートが切れ状況が変わりました。セキュリティ面でも問題がありますし、さすがにNN4.xをフルサポートすることはできません。

問題が発生してもNN4.xを使っている方はCSSを無効にすることを知っているだろうと予想し、素のマークアップだけではかえって読みにくいかとCSSによるデザインを導入することにしました。NN4.xを使用している方に現在の私の技術力では手間をおかけさせざるを得ず大変申し訳ありません。

[追記2010-11-06] IEは排気ガスがとても汚くて燃費は悪く性能も悪いどうしようもない自動車のようなもので、これを大量に走らせていると公害とかエネルギーの枯渇とか渋滞とかが発生して世界に良くない。で、いつまでもサポートし続けることは長い目で見ると誰も幸せにしないと思いIEのサポートをやめました。NN4.xも同様です。

閲覧者が使っているブラウザを変えることで短期的な利益は薄いですが、長期的には制作側が新しい画像フォーマットや規格の使用ができるので今よりもっと見栄えが良くて使いやすいWebサイトを低いコストで作ることができるようになります。使いやすいWebサイトが増えれば閲覧者の利益になります。

Google ChromeでもMozilla FirefoxでもOperaでもSafariでもいずれでもいいので試してみてください。これらは数式を表示したり、新しい画像フォーマットを扱うことができます。排気ガスの抑制や燃費の向上が全く考えられていない古い自動車から最新の対策が施されたものに乗り換えてみませんか?

Get Firefox Opera Web Browser